2014年12月4日 鍋の季節到来。

鍋といえば。。。。

この時期の鍋といえばやはり鱈(たら)であろう。

合わせてこの時期に美味いと言えばギンダラである。

鱈はたらでも料理界で全く評価が異なる。

このことについてお話をしたい。

先ず決定的に違うのが価格である。

値段は銀鱈が鱈の3倍と考えてよい。

その違いはやはり脂の、のり具合という風になってしまう。

使うよう用途としては近いものがあるが、味は全く違うということを訴えたい。

そもそも、鱈(まだら)はタラ科の魚であり、ぎんだらはカサゴ科の魚である。

種類自体が違うのである。

その見た目から銀鱈は「ぎんだら」と名付けられた。

この辺りを理解しておけば冬の魚の話になったとき少しは使えるかもしれない。

yjimage yjimage d

たら(左)と銀だら(右)

 

 

カテゴリ:Fresh News

魚瓦版 さかなのあれこれ書いてます。